LIFE CREATE ACADEMY®

ブログ

  • home
  • ブログ
  • 「病気と障害コース」はどう癒すか?だけではなく宇宙の働きとメカニズムが解る!

「病気と障害コース」はどう癒すか?だけではなく宇宙の働きとメカニズムが解る!

2012年07月30日(月)

今日はシータヒーリングの「病気と障害コース」についてですが。。

現代の医学で言われている病気の成り立ちは主にストレスが原因と言われてたりしますね★
これ一理ありますよね〜★

でも、皮膚や肝臓と違い、いったん死んでしまった脳細胞は再生ないとか。。

まぁいろいろ現代の医療ではあれは治るけどあれは治らないとか。

これだいたいほんまかいな!

人間には感情がある。

その感情にも怒りや、憎しみ、憎悪や、喜び、愛されてる感じ、いろいろある。

その感情が人間の臓器にどのような影響を及ぼしているということを知っている人はどれぐらいいるんだろう?

悲しみや、むなしさの感情が、内分泌系のホルモンバランスを崩れさせていることを知っている人はどれぐらいいるんだろう?

臓器に溜まったその感情をキレイに取り除いてあげて、むしろ受け入れられている感情を教え込んで、必要とされている感情を教えてあげると調和のリズムが流れ出したちまちホルモンバランスが整うことをどれぐらいの人が知っているのかな?

そうすることで免疫系が向上して体温が上がり、病気になりにくくなる。

「感情」がいかに病気や障害においては大事かと言う事。

近視は、将来を見たくない!という思いから誘発され、
遠視は今を見たくないという思いから誘発され。
他にも遺伝的傾向もあるけど。

間接炎は、前に進む事に対しての恐れ、柔軟性に対してのつながりなどの感情から電気的に信号が発せられニューロンを通じて全身へと信号が送られる。

この何を考え何を感じるかが人間の健康、病気の差を生み出す。

否定的な感情は不調和を創造する。

否定的な感情を受け入れられている喜びや愛に置き換えてあげると病気は調和を取り戻し癒えてしまう。

これが人体の不思議かつ「病気と障害」のメカニズム。
すんごい簡単に言うと。

このコースはどの病気に対してはどのような思い込みの働きかけをすればいいのか?
どのような感情をもっているとこの病気になりやすいなど。が学べる。

このコースを受けた事がなく知らない人は。

このコースの「病気と障害」というネーミングだけで自分にはあまり必要ないと判断する人が多い、

私はこのコースの本質を知った時まじですごいと思った。

このコースは宇宙のメカニズムを理解するのにもってこいだと言う事。
人の身体は小さな「宇宙」そのものであるということ、
私たちの住んでいる世界はどのような関係性でなりたっているんだろう?

太陽と地球の関係性は?

親と子供の関係性は?

動物や植物と人間の関係性は?

私たちの幸運やアクシデントを分ける理由は?

これら全てが私たちの住む宇宙です。
でもこの概念メカニズムを知らない人は多い。

私はこのコースを理解した時、

感動した、

なぜかっていったら

この人体の病気になるメカニズム、改善されるメカニズムはこの大きな宇宙の縮図であるからです。

この縮図を知ると言うことはサイズが変わっても要領は全く同じだということ。

このコースを知ると言う事は宇宙全体のメカニズムを知る事なわけです。

ここがこの病気と障害を理解する大きな利点であると言う事。

この縮図をしって「大」を知るのは、

フラクタル構造を検索してみなさん調べて見てください。

フラクタル構造とはシンプル〜。な単純な構造の繰り返しが何度も何度も繰り返されていくことでやがて複雑に見えるようなものを創り出しているというものです。

フラクタル構造は自然界のあらゆるところで見られます★

原子の構造は核の周囲に電子が回っている構造ですね?

太陽系の構造も太陽の周りを惑星が回っている構造だし。

銀河も中心はブラックホールの周りを恒星系の集合したものが周りを回ってるし。

つまり、自然の基本はフラクタルなわけで。表現を変えれば、スケールが異なっても、同じ構造を示すと言う。

このような繰り返しは無限に続くんですね。。

ミクロの世界(極小世界)もマクロの世界(極大世界)もようは構造は同じだと言う事です。

このシータヒーリングの「病気と障害コース」というのはこのミクロの世界(極小世界)を学ぶことが出来ます。

只今この病気と障害のコースを開催中で☆また明日から後半の1週間は始まるので今回は「病気と障害コース」についてかいてみました☆

次回の開催予定はまだ未定ですが。。

今年中に開催出来そうならまた開催しようと思います★

TOPへ戻る